1. >
  2. >
  3. 生活慣習病とは?

もう一つ、子宮体がんがあります。

子宮頸がんは子宮の出口付近の子宮頚部に出来るがんですが、

子宮体がんは、子宮の上の方にある袋の部分、子宮体部にできるがんです。

子宮頚がんは性行為によるヒトパピローマウイルスへの感染であることがわかっていますが、

子宮体がんはこれとは異なり、

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が高い状態が続くことが大きな影響を与えていると考えられています。



どんな人が受けたらいいの?

40歳代後半から増加し、50代、60代にピーク。
40歳を過ぎたら定期的に検査しましょう。

・月経不順の方

・閉経が遅い方

・妊娠、出産の少ない方

・肥満



どんな検査をするの?

自治体や健康保険組合で行われる子宮がん検診は、

子宮頚がん検診の場合が多く子宮体がんの検査までは

行われない場合がありますので、子宮体がんのリスクが高まる年齢の方は

よく確認して定期的に検診を受けるようにして下さい。



費用は?

子宮体がん検査・・・1万3千~1万5千円





マーソとは

マーソ(MRSO)は人間ドック・脳ドック・PET検査(がん検診)など、 健診の全てをオンラインで受け付ける事が出来る予約サイトです。

マーソ(MRSO)は掲載医療施設数、プラン数がとても豊富。

ご希望のエリアやプランからお探しいただくこともできますし、医療施設やプラン選びに困った時はコンシェルジュが365日電話対応致します。

さらに、マーソで予約、受診するとTポイントが貰えます。



マーソが選ばれる4つのポイント

  • 1.マーソで予約して受診するだけでTポイントが貯まる。

  • 2.マーソは掲載施設数が日本一なので、近所・条件に合った病院を一括検索できる。


  • 3.もし同じプランで他のサイトよりも条件が悪いプランを予約した場合は、予約後30日以内にマーソへ連絡すれば、差額を返金してくれる。(マーソの最低条件保証)


4.困ったらコンシェルジェが365日相談に乗ってくれる。





参照:保険の教科書

生活慣習病とは?

毎日の不摂生な生活習慣が積み重なっておこる病気の総称。以前は加齢が原因と考えられ「成人病」と呼ばれていました。しかし、生活習慣が乱れると子供も発症することがわかり、1996年に厚生労働省によって名称が変更されました。

代表的な病気には、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、がんなどがあります。

日本人の約3分の2の方は生活習慣病で亡くなっています。

生活習慣病は痛みなどの症状が出ないことが多く、数年から数十年かけて少しずつ悪くなるので、不調を感じて病院に行った時には合併症を引き起こして、命に関わる危険な状態になっていることが多くあります。

生活習慣病の主な原因は、食事・運動・飲酒・睡眠・ストレスなどがあります。

予防法は、次の通りです。

食事・・・栄養のバランスの取れた食事をする。

食事の最初に野菜を食べる。

規則正しく3食食べる。

*野菜を先に食べることで、糖が体に取り込まれるスピードを緩やかにすることができ、体への負担を和らげます。

飲酒・・・飲む量は適量にする。

休肝日を作る。

喫煙・・・禁煙

運動・・・運動は習慣的に行う。(生活の中で姿勢を正すとか階段を利用する等でも効果があります。)

参照:いしゃまち

 

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません